上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は4月1日エープリルフールです。

みなさん、どなたかにうそつきました???

エープリルフールらしい、後で笑えるうそって、なかなか難しいですよね。



ところで、わが社では、新入社員が入社いたしました。

みんな、配属が気になって、昨日は眠れなかったようですが、

それぞれの配属もきまり、少しはほっとしているのでしょうか。

そんな中、わが社では、早速社長自ら教壇に立ち、

2日間みっちりと研修を行います。

社長自ら講師をする。本当にすばらしい社長です。

経営理念もしっかり覚えた新入社員は、

覚えた経営理念をしっかりと信奉できるよう、

社長から激をいただきながら、初日をすごしました。

これからの、成長が楽しみです。

「家族のように。弟・妹のように」育てる。

これは、私の今年の新入社員に対しての目標です。

スタッフを大切に思い、皆で、がんばります!!!



スポンサーサイト

年度末表彰式

本日は、3月31日。

多くの企業では、年度末。棚卸やら決算やらで、大忙しのことと思います。

我が社では、「年度末表彰式」という一大イベントがありました。

この一年、頑張った人、頑張ったチームを表彰し、金一封をプレゼントするのです。

その金額や、いかに!

最優秀賞にはなんと、「100万円!」 太っ腹!!!

社内の一大イベントらしく、本日、社長はこのようなスタイルで、ご登場。




くす玉も用意し、大盛り上がりのイベントとなりました。

最優秀賞のほかに、優秀賞や努力賞などを用意しておりますが、

もう一つ、新人賞があります。

4月に入社し、1年がたちました。サービス業であるわたしたちは、

お客様との接客する機会が多ければ多いほど、多くの経験をする事ができます。

一般の企業とはまた違った成長をいたします。

今回、その新人賞として、フロントのスタッフにいただくことができました。

笑顔はとびっきり素敵なのですが、なんと言っても、要領がわるく、

一番大切な、「お客様の要望を読み取る」ということができていませんでした。

最初の半年はどうしたものか・・・と上司であった私は思い悩みましたが、

一緒に笑い、一緒に泣いて、ひとつひとつ経験してきました。

結婚式の新婦様のお父様に「更衣室」と「控え室」をきちんと伝えられず、

怒鳴られて、事務所の中で泣いたこともありました。

わたしたちには、いつもの言葉でも、お客様には、わかりづらい、業界用語というものが

あるということを知りました。

フロントという、老若男女問わず接客する部署にいたことで、本当に成長しました。

今では、皆様からの印象も大変よく、お褒めの言葉を頂くようになりました。

今回の新人賞は彼女の汗と涙と笑顔の結晶です。

周囲で応援してきた私達も涙が出るほどうれしかったです。

さぁ、明日からは、後輩が入社します。

先輩としてさらに、さらに、レッツゴー!


先日、社長よりいくつかの本をご紹介いただきました。
その中の一つで、サービス業にとって、とても大切でかつ素敵な内容が
あったので、ご紹介いたします。

甘粕 正さん著「客家大富豪18の金言」という本です。

2.jpg


「客家」というのは・・・
~本文より~
「東洋のユダヤ人」と呼ばれ、華僑・中国人社会に多大な
影響力を持つ集団である。もともとは、歴代の各王朝が混乱・崩壊するたびに
起こった戦乱を逃れて、中国北部から南部に逃れた流民のことを指す。~中略~
客家の「客」とは文字通り「お客さん=よそ者」を意味する。

本のあらすじを簡単にお話しすると、
「客家」とは、社会科で勉強した、華僑のパワーアップしたような人々のことで、
この本の著者が、ひょんなことから、ある一人の客家の老人から、
『客家の間に伝わる金言』を伝授してもらい、人生を大きく変えるというストーリー。

よくあるビジネス書のような難しさはまったくなく、映画を見ているような
展開の中で、18の金言が紹介されています。

その中の16番目の金言
「笑顔はコストゼロの最良戦略」のお話がとても印象的でした。

~本文より~
「ところで、サンタクロースは、誰への断りもなく、かってに煙突から家に侵入する。」
しかし、それをとがめる人は誰もいない。サンタクロースがプレゼントや幸せを運んでくれる
存在だと誰もが知っているからだ。
つまり、~略~自分に『幸せを運んでくれる人は大好き』なのだ。

要は「サンタクロースになろう」といっているのだ。
このお話は、目からうろこの出る思いでした。
簡単なことのようで、難しいですが、いつも笑顔で!とか、人にはやさしく!とか
思うより、「サンタクロースになろう」というほうがとってもわかりやすい。
子供でも大人でもそのよさは、理解できる。
なにか、戸惑ったとき、「む?サンタクロースだったたらこんなときどうするだろう?」って
考えると、必然的に答えがでてくるし、考えるのも楽しくなってくる。

お客様にとってはもちろん、スタッフ同士、同僚・上司・部下に対して、
家族にとってのサンタクロースになる・・・。

のこり17の金言も面白いですし、ホントにわかりやすいです。
ぜひ、皆様にもオススメです。


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。